2007年06月05日

本の紹介の巻

今日は、本の紹介をします。

愛する鳥さんを亡くした経験のある方は

涙なくしては読めないと思う・・・

私はこみ上げそうになる涙を堪えながら読みました。

「りんごあげるね」 さえぐさひろこ・作 いしいつとむ・絵
book01.jpg

今年の「第53回青少年読書感想文全国コンクール」の課題図書。

小学校中学年の部(3・4年生)

童心社¥1050円(税込み)

表紙を開くと・・・
book02.jpg
そして、1ページの1行目から

きょう、ピピッチが死んだ。
わたしの、空色のセキセイインコ


book03.jpg

命のつながり、命の温もり、命の愛おしさを

しみじみと考えさせてくれる本でした。

字がデカイからといって、あなどるなかれ・・・内容は深いと思うよ。

童心社の紹介ページリンクです。

book04.jpg

ニックネーム ケメコ at 23:06| Comment(6) | kemekoのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵もとっても素晴らしいですね!
ウチの純に見せてあげたいです。
探してみよ〜っと♪
Posted by JTP at 2007年06月05日 23:38
コレ買いました!
チモ姫に似てるんだもん・・・

泣いたモン
Posted by みぽりん at 2007年06月06日 07:33
>JTPさんへ
今回の課題図書には、「命」 を考えるものが数点あります。
ご時世ってことでしょうか・・・たらーっ(汗)

この本の主人公は幼い女の子ですが、
愛する者をなくした経験のある人なら
主人公の心の有り様が痛いほど分かると思います。

私は、図書館で子どもたちに読んであげたいと思っています。
Posted by >JTPさん at 2007年06月06日 07:42
>みぽりんへ
もう読んだのねぇ〜早いっ!
初版は昨年の年末だから、既に購入済みの人も居るよね〜

やはり泣けましたか。
この本を読んでも、心に何も感じない人も
いるんですよ・・・シンジラレナイですけど。。。
Posted by >みぽりん at 2007年06月06日 07:59
わぁぁ。。

駄目だ・・
きっと一行読んだだけで号泣する〜。
Posted by がこりん at 2007年06月07日 00:50
>がこさんへ
でしょ〜
私も1行目からやられました。
鳥好きには、なかなか辛い内容です・・・
亡くした子の事や別れの時にキモチが
甦って来て・・ダメでしゅよぉ〜あせあせ(飛び散る汗)
Posted by >がこりん at 2007年06月07日 16:31