2009年06月11日

ブルーカナリア


ブルーのカナリアをお迎えしました〜っ!

な〜んてウソ で〜す!


子どもの頃、大好きだった曲なのデス。

〜ブルーカナリア〜小鳥

探して探して・・・見つけましたっ!

曲の間に鳥のさえずりらしき音が入っています。

今は「水笛のような楽器の音かしら?」と思うけれど

当時は 本当のカナリアが鳴いてる と信じていました。


ダイナ・ショア の 「ブルーカナリア」です♪





■ダイナ・ショアってこんな人■ (goo音楽から引用しました)

天性の気品とでもいおうか……。ダイナ・ショアの歌を聴いていると、俗世間の欲とは無縁の純潔性に心が洗われるような思いがする。父子家庭に育った彼女は、大学卒業後にニューヨークで歌手としてのキャリアを歩み始め、39年にラジオ局の専属となりデビューのきっかけを掴む。その黄金時代は40〜50年代で、「Buttons and Bows」「The Gypsy」「I'll Walk Alone」などのミリオン・セラー・ヒットを放ち、ソフィスティケイトの極致といった感のあるムーディなヴォーカル・ワークで一時代を築いた。一方で彼女は新しいメディアにも常に積極的で、TV創生期の50年代初期には自分のTVショウ、70年代にもトーク・ショウをもち、どちらもロングランを記録。生き馬の目を射抜く米国ショウ・ビジネスの世界を80年代まで生き抜いた。とにかくアメリカン・ドリームの体現者としても、アメリカを代表するポピュラー・シンガーとしても、永遠に人々の記憶に残る存在である。




ドリス・デイが歌う ケ・セラ・セラ

Somewhere Over The Rainbow (虹の彼方に)

Tea for two (二人でお茶を) も好きでした。

■ドリス・デイってこんな人■

Wikipedia

そして、芸能界引退後のドリス・デイさんは

動物愛護に力を注ぎ、カリフォルニア州のカーメルに設立した

「Doris Day Animal League」で

家庭内ペットのお世話の方法などを指導しているそうです。

なんて素敵な生き方なの!尊敬しちゃいます。揺れるハート

.::Doris Day Animal Foundation::.
上のリンク先は。立ち上がる時に楽しい音がするのよ!

ぜひ見てみて〜パソコン

ページ丸ごと全部、英語なのが残念です〜あせあせ(飛び散る汗)

ニックネーム ケメコ at 18:58| Comment(2) | TrackBack(0) | kemekoのおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Dorisさん、素敵な生き方されているなぁと思いました。優しい女性何だろうなぁとHPを見て思いました。動物たちのことを思って、The Humane Society of the United Statesと協力をしたのに、その団体に犯罪者が絡んでいたことにとても悲しまれてるんだろうと思いました。動物たちの幸せを思う人がもっともっと増えることを祈ります。
まーったく話は変わりますが、トカゲちゃん、可愛いです。素敵なお庭の見張り番ですねぇ。これからの季節は蚊も増えるし。
ヒーちゃんの甘えっこぶりは如何ですかぁ。これからは暑くなるし体力消耗するのかなぁ!?
Posted by たまちゃん at 2009年06月14日 20:58
>たまちゃんへ
たまちゃん、コメントありがとう。わーい(嬉しい顔)
The Humane Society of the United Statesに絡む犯罪者って
だれなのかしら?
調べたけど分からなかったの〜後で教えて下さいませ。

ドリス・ディさんは、素敵な女性ですね。
私は女優や歌手や司会者としての彼女しか知らなかったので
このような活動を継続してやっていると知り
驚きました。

トカゲちゃん、カワイイでしょ。
虫取り、頑張ってくれてるよ。手(チョキ)

ヒーちゃんは、8月生まれだからかな?とっても寒がりなの。
暑い夏晴れが来れば絶好調になるかな〜
と期待しています。
Posted by >たまちゃん at 2009年06月15日 12:18
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1758185
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック